本文へ移動

2018年6月

 研究所だより

6月の人権ダイアリー この日なんの日

6月2日 冤罪事件となった大分の「菅生事件」(すごうじけん)が発生(1952 年)

6月3日 高松地方裁判所で差別判決(1933年)

 結婚の際に部落出身を隠したとして青年に結婚誘拐罪適用

6月5日 世界環境デー

 今年(2018年)のテーマは「プラスチック汚染をなくそう」

6月17日 南ア、人種隔離政策(アパルトヘイト)が終了(1991年)

6月19日 在日韓国人青年、「日立就職差別事件」で勝訴(1974年)

6月20日 『水平新聞』が創刊される(1924年)

6月25日 「人権は世界の共通価値観」とするウィーン宣言を採択(1993年)

かがわ人権なっとく塾(解説)

 人権教育啓発推進法及び香川県人権教育啓発基本計画に基づき、人権啓発活動に情熱と誇りを持った担当者を育成する講座。
 初日5月30日は開講式の後、香川県人権啓発展示室を見学、午後からはグループ別に人権啓発活動の取り組みを交流した。6月20日は部落差別問題の現実について聞き取り、午後からは同和問題の啓発について意見交換した。7月3日は講義(人権・同和啓発の理論と意義)と演習(人権・同和啓発の実務)、JR高松駅見学(体験!駅のユニバーサルデザイン)とレポート作成、最後に受講者に修了書が授与された。
特定非営利活動法人香川人権研究所
〒763-0092
香川県丸亀市川西町南715-1
TEL.0877-58-6868
FAX.0877-28-1011
TOPへ戻る