TOPページ
研究所だより
人権マガジン
香川人権研究所概要・組織
事業内容
行事予定
書籍(新刊図書ご案内)
会員募集
リンク
香川の人権ニュース
センターご案内
ちいさな人権博物館
人権マップ
香川人権研究所map


研究所便り

5月の動向(主なもの)

 

7日
9日

13日
15日
16日
24日
29日
30日

務局会議。第3期「かがわ人権なっとく塾」の打ち合わせなど。
戸籍等の不正取得事件の関係者意見交換会に参加。県内各自治体は7月より「登録型本人通知制度」をスタートさせる(解説参照)。
「福祉オンブズ香川」総会に出席。
第3期「かがわ人権なっとく塾」開講、1日目。 受講者23名。
香川県人権啓発推進県民会議総会、高松市人権教育推進協議会。
「かがわ人権なっとく塾」2日目。
「かがわ人権なっとく塾」3日目、閉講。
香川部落解放・人権啓発センター総会、人権啓発ポスター・スポット等検討会。


解説 登録型本人通知制度

 2011年に東京の司法書士らが戸籍などを不正取得して逮捕された。偽造の職務上請求書を使用していた。県内でも66件の不正取得が確認されている(2012年3月現在・部落解放同盟香川県連合会)。行政書士、弁護士、司法書士など8種類の国家資格者は職務上、戸籍等の請求が認められている。この特権を悪用した今回の不正取得事件を契機に、県内自治体は「登録型本人通知制度」を始めた。あらかじめ登録した住民に対して、戸籍謄(抄)本や住民票の写しなどを第3者や代理人に交付した場合に通知する制度で、不正取得の再発を防止する目的。



開館時間:

平日 9:00〜17:00(応相談)
土日10:00〜16:00(応相談)

休館日:
土・日以外の休日、8/13〜8/15・12/28〜1/3