TOPページ
研究所だより
人権マガジン
香川人権研究所概要・組織
事業内容
行事予定
書籍(新刊図書ご案内)
会員募集
リンク
香川の人権ニュース
センターご案内
ちいさな人権博物館
人権マップ


人権マガジン

バックナンバーはこちら >>


犯罪被害者や家族にひどい言葉


 「被害者にも原因があるのでは」「お金をもらっているのでは」など、通り魔に息子を殺害されて悲しみにくれている父親や集団暴行で息子を亡くした母親にこんな言葉があびせられました。犯罪被害者やその遺族は命を奪われたりけがをしたり、財産を失うなど直接的な被害の他に、次のような「二次的被害」に苦しめられています。

(1)事件の恐怖による精神的なショックや身体の不調 

(2)医療費の負担や失職・転職などによる減収など経済的な困窮

(3)捜査や裁判を受ける際の精神的な負担や仕事を休んだりする時間的な負担

(4)周りの人々の無責任な噂や誤解、

   マスコミの取材や報道などによるストレス・不快感

 特に深刻なのは精神的な問題です。ある日突然愛する人を殺されたり傷つけられたりすると、大きなショックを受けます。決して被害者を責めたり、無理に励ましたりしてはいけません。周囲の人は被害者の心理状態を正しく理解し、被害者の訴えをしっかり聞いてあげることが大切です。「心的外傷」(トラウマ)は周囲の適切な支援によって防ぐことができます。

困ったらセンター電話を

 

 「NPO法人被害者支援センターかがわ」(TEL 087-897-7799)は犯罪被害者の人権を守るために次のような支援を行っています。無料、秘密厳守なので安心して相談できます。

 

■電話相談・・・助言など(月〜金、10時〜16時、祝日を除く)。
■面接相談・・・心理カウンセリングや法律相談
          (毎月第二・四水曜日、13時〜16時)。

 

こんな悩みはありませんか

  (1)事件後、身体の調子が悪い

  (2)事件の夢を見る 

  (3)自分に責任があると責める

  (4)裁判のことが分からない 

  (5)誰もわかってくれない

  (6)誰に相談したらよいかわからない

 

■付き添い・・・検察庁で事情聴取を受ける時や相談に行く時の付き添い
          (支援員の同席が認められない場合もあります)。

 

警察署での事情聴取や届出、病院での検査や治療などへの付き添い。刑事裁判を傍聴するときや証人出廷する際の付き添い。 証人供述の際に裁判所が認めた場合は、被害者の傍に付き添う。