TOPページ
研究所だより
人権マガジン
香川人権研究所概要・組織
事業内容
行事予定
書籍(新刊図書ご案内)
会員募集
リンク
香川の人権ニュース
センターご案内
ちいさな人権博物館
人権マップ


人権マガジン

バックナンバーはこちら >>


人権研修で変わるの?
 「差別は人間の本能だから無くならない」という人がいます。人権問題の講演会や研修会の効果はあるのかどうか、調査結果をもとに考えてみましょう。

あるアンケート調査から
 県内A市教育委員会のアンケート調査を見てみましょう。結婚の際に相手が同和地区関係者かどうか調査することについて質問したところ、人権研修会や講演会に6回以上参加したことのある人の場合は60.9%が「不要」と回答しています。参加したことのない人ではその三分の一、20.7%でした(表)。

 また差別的言動に対する態度にも違いが見られます。講演会・研修会に参加したことのない人は差別的言動に直面した時、「見ぬふりをする」が42・6%、なんらか対応するのは51・6%です。6回以上参加した人は「見ぬふりをする」が14・2%で、注意するなりなんらかの対応をする人は83・7%でした。ここでも、研修や講演会などの効果がうかがえます。

講演会・研修会灯など参加回数と身元調査(単位%)

 

不 要

わからない

必 要

参加せず

20.7

42.1

37.2

1〜2回参加

22.9

42.5

34.6

3〜5回参加

43.3

34.0

22.7

6回以上参加

60.9

28.3

10.9